最低でも年に1回はインターネット回線の契約内容を見直そう!フレッツ光のチェックポイント3つ

最低でも年に1回はインターネット回線の契約内容を見直そう!フレッツ光のチェックポイント3つ
最低でも年に1回はインターネット回線の契約内容を見直そう!フレッツ光のチェックポイント3つ

自宅にインターネット回線を引いている方は、定期的に契約内容を見直ししていますか?

『別にいままで何も問題なかったし』なんて放っておくと、いつの間にかもったいないことになっているかもしれません。

時の流れとともに環境は変わるものですし、最低でも年に1回くらいは契約内容を確認し、必要に応じて最適化することをお勧めします。

ということで今回はフレッツ光の契約内容の確認方法と、特にチェックすべきポイントをご紹介いたします。

フレッツ光の見直しポイント
  1. 契約中のプランをチェック
  2. オプションの利用状況
  3. プロバイダの利用料金

尚、現在フレッツ光を利用している方、もしくはこれからフレッツ光の契約を検討している場合は、他の光回線への切り替えを強くおすすめめいたします。

なぜなら、現在フレッツ光はどちらかというと法人向けに力を入れていて、個人の方が加入してもほとんどメリットが無くなってしまっているからです。

もっと月額料金が安かったり、魅力的なキャンペーンを展開していたり、速度が安定している光回線はたくさんあります。

こちらの記事で各種人気のインターネット回線の『契約して損は無いおすすめの契約窓口』をランキング形式で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

フレッツ光の契約を見直す際のチェックポイント

インターネット回線の契約内容を見直すことは、もしかしたら月々の支払を減らすことができたり、自分にぴったりの新しいサービス等を見つけることに繋がるかもしれません。

フレッツ光を利用している場合、特にチェックすべきポイントはプラン、オプション、プロバイダの3つです。

フレッツ光の見直しポイント
  1. 契約中のプランをチェック
  2. オプションの利用状況
  3. プロバイダの利用料金

1.契約中のプランをチェック

フレッツ光には、ネクストとライトという2種類のプランがあります。

『ネクスト』は定額制で、インターネット使い放題のプラン。

ほとんどの方はこちらで契約していると思います。

『ライト』は基本料金~上限料金の間で使った分だけ月額料金が上がる従量課金制のプランです。

フレッツ光ライトのイメージ
引用:NTT西日本公式ホームページ

ネクストで契約したものの、ひかり電話やひかりテレビのみ使っていて、インターネットはほとんど利用していないという場合は、ライトプランに切り替えた方が月額料金が安く抑えられます。

プラン変更を検討しましょう。

ちなみにネクストからライトに変更する場合、1回目なら工事費は免除されます。

反対にライトで契約したものの、インターネット料金が毎月上限まで到達してしまうようならネクストに切り替えた方が安いです。

ただし、ライトからネクストへの変更は1回目でも工事費が掛かってしまうので、ご注意ください。

ネクストプランとライトプランの詳細はこちら

プラン変更手順

フレッツ光のプラン変更は工事を伴うため、意外と時間がかかります。

手順を確認しておきましょう。

  • STEP1
    プラン変更の申し込み

    NTTに電話、またはWebサイトでプラン変更を申し込みます。

    フレッツサービスに関する問い合わせ先
    電話番号
    (東西共通)
    0120-116-116
    ※携帯電話・PHSからもかけられます
    受付時間9:00~17:00
    土日・祝日も営業 ※年末年始を除く
  • STEP2
    プラン変更工事

    プラン変更時の工事は、立ち会い必須です。
    混雑状況にもよりますが、手続きから大体3週間程度かかりますので余裕を持って申し込みましょう。

2.オプションの利用状況

インターネットのオプションサービスは便利ですが、毎月課金されるものが多いため月額料金を押し上げる要因となります。

フレッツ光を申し込んだ当初は必要だったとしても、状況が変わり今は利用していないオプションなどもあるかもしれません。

定期的にチェックし、必要無いオプションは解約してしまいましょう。

また、逆に今ちょうど必要なオプションが見つこともあるかもしれません。

フレッツ光の主なオプションサービス
オプション月額料金
ひかり電話550円
ひかり電話エース1,650円
ひかり電話 安心プラン1,540円
ひかり電話 もっと安心プラン4,290円
フレッツ・テレビ825円
フレッツ・ウイルスクリア440円
リモートサポートサービス550円
ユーネクスト2,189円
ひかりTV 基本放送プラン1,100円
ひかりTV ビデオざんまいプラン2,750円
ひかりTV テレビおすすめプラン2,750円
ひかりTV お値打ちプラン3,850円
なおせ~る-安心機器補償サービス
※パソコン・タブレットプラン
550円

3.プロバイダの利用料金

フレッツ光 プロバイダ
引用:NTT西日本公式ホームページ

フレッツ光でインターネットを利用するには、NTTとプロバイダの2社と契約する必要があります。

フレッツ光の提携プロバイダは300社以上あり、フレッツ光でインターネットを利用しているなら何れかのプロバイダと契約を結んでいるはずです。

プロバイダは事業者によって料金設定が違うため、別のプロバイダに切り替えることで月額料金を下げたり、よりお得なサービスが受けられるかもしれません。

ただし、プロバイダを解約するとプロバイダ・メールアドレスが利用できなくなってしまったり、違約金が掛かるケースもあるので事前にしっかり確認しておきましょう。

主なプロバイダの月額料金
プロバイダ戸建て集合住宅
OCN インターネット1,210円990円
Yahoo!BB1,320円1,045円
BIGLOBE1,100円990円
So-net1,320円990円
ぷらら1,100円880円
@nifty1,100円1,045円
GMOとくとくBB836円583円
DTI1,046円748円
ASAHIネット858円770円
hi-ho1,320円979円
フレッツ光のプロバイダについて詳細はこちら

フレッツ光の契約内容問い合わせ窓口

フレッツ光・光コラボレーションの対応エリア

フレッツ光は電話会社のNTTが運営している光回線サービスです。

NTTは、西日本エリアと東日本エリアで会社が分かれているため、『フレッツ光』という商品名は東西共通でも、プランの名前や月額料金などには違いがあったりします。

そのため、契約内容についてはお住まいのエリア側の窓口に問い合わせましょう。

契約内容は電話サポート、もしくはマイページで確認できます。

NTT西日本NTT東日本
電話番号0800-2002116

※午前9時~午後5時
※土日・祝日も営業
(年末年始を除く)
0120-116116

※午前9時~午後5時
※土日・祝日も営業
(年末年始を除く)
WEBCLUB NTT-Westフレッツ光メンバーズクラブ

フレッツ光が高いと感じたら光コラボレーションへの乗り換えを検討しよう

現在フレッツ光は、個人客では無く法人客向けの営業に力を入れているようです。

理由は、NTTの回線を利用した『光コラボレーション・サービス』が台頭してきたので、自社サービスの『フレッツ光』を積極的に売り込む必要が無くなったからだと言われています。

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光などが光コラボレーションです。

そのため、魅力的なキャンペーンやサービスも少なく、フレッツ光を長く利用するメリットほぼ無いと言って良いでしょう。

今フレッツ光を利用している方も、早めの光コラボレーションへの乗り換えをお勧めいたします。

参考までに、今特におすすめの光コラボレーションを3つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ光コラボレーション3選

今おすすめの光コラボレーション 3選

1.ソフトバンク光

ソフトバンク光キャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
新規申し込み
キャッシュバック
特典A
【10ギガ】最大73,800円
【1ギガ】最大45,000円
他社転用申込
事業者変更申込
キャッシュバック
【1ギガ】15,000円
キャッシュバック
進呈時期
最短1か月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要でキャッシュバック/

2.ドコモ光

ドコモ光プロバイダGMOとくとくBBのキャッシュバック
キャッシュバック51,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短5か月
dポイント
進呈時期
最短4か月
こんな方におすすめ
  • プロバイダ選びは速度重視!
  • Wi-Fiルーターはどれを選べばよいのか分からない・・・
  • 少しでも高額キャッシュバックを受け取りたい

GMOとくとくBBは、混雑を避けて高速・快適にインターネットが出来る『v6プラス』を標準装備しているため、速度の評判がとても良いプロバイダです。

また、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる点が人気の秘密でしょう。

無料レンタルできるWi-Fiルーターは3種類の中からお好きなものを選ぶことができ、中には希望小売価格が19,767円もするWi-Fiルーターまであります!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは51,000円で、更にdポイントが2,000pt付いてきます。

したがって、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバック・dポイント・Wi-Fiルーターをあわせて40,000円以上もお得になると言えるんです!

ちなみに、通常GMOとくとくBBからキャッシュバックを満額受け取るためにはオプション加入が必須となります。しかし、当サイトの下記ボタンから限定ページに行くと、なんとオプションなしでゲットできるんです!

ドコモ光を申し込み予定の方は、ぜひ実際に覗いてみて候補に加えてみてはいかがでしょうか。

\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
お客さま満足度2年連続NO.1

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光公式
キャッシュバック
特典
57,000円
月額料金割引
特典
19,536円
(1,628円×12か月割引)
キャッシュバック
進呈時期
最短12か月
こんな方におすすめ
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 安心して申し込みたい
  • キャッシュバックより月額料金割引が良い

ビッグローブ光を公式サイトから申し込むと、下記2種類の特典から好きな方を選んで受け取ることができます。

  1. 1年間の月額料金大幅割引 総額19,536円
  2. 高額キャッシュバック 57,000円

キャッシュバックは『新規』『転用』『事業者変更』に差がなく、どのパターンで申し込んでも57,000円受け取ることができるのがメリットです。

新規新たにビッグローブ光を申し込む事
転用フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える事
事業者変更他社光コラボレーション(ソフトバンク光やドコモ光など)からビッグローブ光に乗り換える事

ただし、振り込まれるのがビッグローブ光を申し込んでから12か月後と長いです。

その点が気にならなければ申し込みを検討するといいでしょう。

月額料金割引は手続き不要で、12か月間割引されます。

確実にキャンペーンの恩恵を受けたいなら月額料金割引を選びましょう。

ただし、月額料金割引の総額はキャッシュバックより金額が低いです。

また、月額料金割引は新規と事業者変更の方が対象で転用の方は利用できません。

\キャッシュバック57,000円!/
クーポン入力で
最大17,000円増額中!

まとめ

フレッツ光の契約内容のチェックポイントについて紹介しました。

今記事のまとめです。

フレッツ光の見直しポイント
  1. 契約中のプランをチェック
  2. オプションの利用状況
  3. プロバイダの利用料金

時代と共に変わっていく環境に合わせて、インターネット回線も時には見直しとメンテナンスが必要です。

常に最適な状況でインターネットが利用できるよう、最低でも年に1回はフレッツ光の契約内容をチェックするようにしましょう。

尚、これからフレッツ光の申し込みを考えている場合は、他の光回線に検討しなおした方が良いかもしれません。

フレッツ光はどちらかというと法人向けに力を入れていて、個人の方が契約してもほとんどメリットが無いためです。

逆にもっと月額料金が安くて、通信速度も安定していて、魅力的なキャンペーンを展開している光回線はたくさんあります。

下記ページで、今人気の光回線のおすすめ窓口をランキング形式で紹介していますので、よろしければぜひチェックしてみてください。

フレッツ光料金
この記事を書いた人
海野(うんの)

Googleマップのローカルガイド活動にはまっています。
もちろんレベル10!
インターネット回線は、光回線とホームルーター、格安SIMあたりが得意です。
自宅のインターネット回線はNURO光、スマホは楽天モバイル。

>海野(うんの)の執筆した記事はこちら

海野(うんの)をフォローする
この記事を監修した人
【虎の巻】監修:豊田 桂一
インターネット契約 虎の巻:監修者
監修者:豊田 桂一

通信業界に25年携わるプロフェッショナル。NNコミュニケーションズにてチームを統括し、常に最前線で案内。後進の育成にも積極的に取り組む。豊富な知識と経験に裏打ちされた質の高いサービスにより、顧客からは抜群の信頼を得ている。ネット回線の専門的な知識を活かし、監修者を担当。訴求先は、ユーザーの悩みを解決する最適な窓口をご案内しています。→監修者の詳細はこちら

表示価格は特に断りがない限り税込です。
消費税の計算上、実際の請求金額と異なる場合があります。

コメント

\損をしたくない方 必見記事!/

フレッツ光 厳選ランキング