NTT西日本エリアのフレッツ光料金を徹底解説!【月額プラン・プロバイダ・初期費用・オプション料金など】

NTT西日本エリアのフレッツ光料金を徹底解説!【月額プラン・プロバイダ・初期費用・オプション料金など】
NTT西日本エリアのフレッツ光料金を徹底解説!【月額プラン・プロバイダ・初期費用・オプション料金など】

NTTが運営しているフレッツ光は、日本で一番使われているシェアナンバーワンの光回線です。

これから光回線を導入しようと考えている場合、まず最初にフレッツ光を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フレッツ光の西日本エリアに特化して、プラン内容、月額料金、初期費用、オプション料金などをまとめて解説していきます。

フレッツ光西日本の料金についてのポイント
  • 契約プランは5種類!自身の用途にあったプランを選びましょう
  • フレッツ光の料金とは別にプロバイダ料金もかかることに注意
  • オプションは充実!ひかり電話はNTTの加入権電話より安いので付けた方がお得

申し込む前に、どのくらいの料金が掛かるものなのかを把握しておきましょう!

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光回線の品質・速度はそのままで、個人向けの魅力的なキャンペーンやサービスをたくさん受けられるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

NTTフレッツ光西日本のプラン内容と月額料金

フレッツ光西日本の料金プランは、定額・使い放題の『フレッツ光ネクスト』と、従量課金制であまりインターネットを使わない方向けの『フレッツ光ライト』があります。

また、戸建てか、マンションなどの集合住宅かで分けられ、更に法人向けもあるので、合計5種類の料金プランになります。

  • フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピード隼
  • フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピード隼
  • フレッツ光ライト ファミリータイプ
  • フレッツ光ライト マンションタイプ
  • フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ

一つ一つの内容と月額料金を見ていきましょう!

フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピード隼の月額料金

【ファミリースーパーハイスピード隼】は、一戸建て向けの標準プランです。

マンションタイプの設備が導入されていない集合住宅の場合もこちらのファミリータイプでの契約となります。

ファミリータイプ共通
月額料金~23か月目:4,730円
24か月目~:4,521円

※光はじめ割適用時の料金です。
※別途プロバイダ料金が掛かります。

フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピード隼の月額料金

【マンションスーパーハイスピード隼】は、マンションにすでにフレッツ光の設備が導入されている場合のみ契約できるプランです。

マンションタイプは、同一の建物内で契約が見込める軒数の3パターンと、3つの配線方式の組み合わせで決まります。

同一の建物内で契約が見込める軒数

プラン2:同一の集合住宅などで16以上の契約が見込まれる場合
プラン1:同一の集合住宅などで8以上の契約が見込まれる場合
ミニ:同一の集合住宅などで4以上の契約が見込まれる場合

配線方式

光配線方式:棟内に光ファイバーを用いて各戸まで接続する方式
LAN配線方式:棟内にLAN配線を用いて各戸まで接続する方式
VDSL方式:棟内にある既存の電話回線を用いて各戸まで接続する方式

配線方式は建物ごとに決まっていて、見込み軒数はNTTが決めます。

つまり、集合住宅(マンション)向けプランは基本的に自分で選ぶことができません。

光配線方式・VDSL方式の料金

プラン1通常料金 4,070円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 3,575円
⇒光はじめ割適用3年目以降 3,388円
プラン2通常料金 3,520円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 3,135円
⇒光はじめ割適用3年目以降 2,948円
プランミニ通常料金 4,950円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 4,345円
⇒光はじめ割適用3年目以降 4,092円

※別途プロバイダ料金が掛かります。

LANケーブル方式の月額料金

プラン1通常料金3,100円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 2,915円
⇒光はじめ割適用3年目以降 2,728円
プラン2通常料金 2,600円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 2,475円
⇒光はじめ割適用3年目以降 2,288円
プランミニ通常料金 3,900円
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 3,685円
⇒光はじめ割適用3年目以降 3,432円

※別途プロバイダ料金が掛かります。

LAN配線方式は光配線方式やVDSL方式に比べて少し安いです。

マンションタイプの配線方式は通信速度にも関わってくるので、契約前にお住まいの建物がどのタイプを導入しているか事前に確認しておきましょう。

フレッツ光ライト ファミリータイプの月額料金

【フレッツ光ライト】は、まず基本料金が決まっていて、そこからインターネットを利用した分だけ、上限料金まで月額料金が上がっていく二段階定額制プランです。

フレッツ光ライトのイメージ
引用:NTT西日本公式ホームページ

ライトもファミリータイプとマンションタイプで料金設定が異なります。

こちらはファミリータイプの料金です。

基本料金320MBまで
3,080円
従量課金320~1,320MBまで
30.8円/10MB
上限料金1,320MB以上
6,160円

※別途プロバイダ料金が掛かります。

ライトという安くなりそうな名前が付いていますが、実は最大(1,320MB)まで使うと定額制のネクストの方が安くなるんです。

スマホで考えると月に1.3GBなんてあっという間に使ってしまうし、基本的にはネクストでの契約をお勧めします。

インターネットをほとんど使わなかったり、ひかり電話しか使わないつもりなら、ライトでの契約もアリかもしれません。

フレッツ光ライト マンションタイプの月額料金

ライトのマンションタイプもファミリータイプ同様、二段階定額制となります。

基本料金320MBまで
2,420円
従量課金320~1,110MBまで
30.8円/10MB
上限料金1,110MB以上
4,840円

※別途プロバイダ料金が掛かります。

こちらも上限の1,110MBまで使うとネクストの方が安くなります。

フレッツ光ネクスト ビジネスタイプの月額料金

【フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ】は、法人や個人事業主を対象としたプランです。

最大通信速度概ね1Gbpsの快適なインターネットサービスが利用できます。

月額料金通常料金 45,210円
⇒フレッツ・あっと割引適用時 40,810円

※別途プロバイダ料金が掛かります。

フレッツ光 西日本の割引キャンペーン

フレッツ光には、月額料金割引が受けられるキャンペーンが用意されています。

ネクストに適用できる『光はじめ割』と、ライトとビジネスタイプに適用できる『フレッツ・あっと割引』です。

光はじめ割

光はじめ割は、フレッツ光 西日本のネクストプランを2年単位の自動更新契約にすることで適用できる月額料金割引です。

3年目以降はさらに割引額が増えて、お得に利用できるようになります。

1,2年目の割引額3年目以降の割引額
ファミリー
(戸建て)
1,210円/月1,419円/月
マンション
(集合住宅)
605円/月858円/月

フレッツ・あっと割引

フレッツ・あっと割引は、フレッツ光ライトへ新規申し込みの方が、2年間継続利用を条件に適用できる月額料金割引です。

割引額
ファミリー
(戸建て)
440円
マンション
(集合住宅)
440円
~1,100円/月

フレッツ光のプロバイダ料金

フレッツ光と光コラボレーションの違い

フレッツ光は、ここまで説明してきたNTTの料金だけでは使うことができません。

NTT西日本の回線契約とは別に、プロバイダ事業者とも契約する必要があるんです。

参考までに主要なプロバイダの月額料金を一覧で紹介します。

プロバイダ名ファミリータイプ月額料金マンションタイプ月額料金
Yahoo! BB1,320円1,045円
USEN☆NET1,518円1,518円
OCN インターネット1,210円990円
So-net1,320円990円
ASAHIネット858円770円

フレッツ光の提携プロバイダは、なんと300社以上存在しますが、有名で評判がいいプロバイダを選ぶのが無難でしょう。

NTTフレッツ光西日本の初期費用料金

フレッツ光の初期費用でかかるのは大まかに【契約料】と【回線工事費の2種類です。

初期費用はどのプランもほとんど変わりありませんが、付けるオプションによって工事費や機器レンタル料が加算されるものもあります。

詳しくは各オプションの詳細を確認してください。

契約料

フレッツ光の契約料金は、どのプランも共通になります。

契約料880円

回線工事費

回線工事費は、ファミリータイプ(ビジネスタイプ含む)かマンションタイプかで異なります。

また、フレッツ光の工事費用は、一括払いまたは分割払いから選択可能です。

一括払いでも分割払いでも工事費の総額は変わらないので、月額料金をなるべく抑えたい方は一括払い、逆に初期費用を抑えたい方は分割払いを選択すればよいでしょう。

ファミリータイプ(ビジネスタイプ含む)工事費

  • フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピード隼
  • フレッツ光ライト ファミリータイプ
  • フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ
回線基本工事費
フレッツ光
(NTT東日本/西日本共通)
22,000円 ※一括 or 分割払い

≪分割の場合≫
・初回 3,300円
・2回目以降 813円/月×22回
・最終月 814円

マンションタイプ工事費

  • フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピード隼
    ※光配線方式、VDSL方式
  • フレッツ光ライト マンションタイプ
回線基本工事費
フレッツ光
(NTT東日本/西日本共通)
屋内配線の工程がある場合
22,000円 ※一括 or 分割払い

≪分割の場合≫
・初回 3,300円
・2回目以降 813円/月×22回
・・最終月 814円
屋内配線の工程がない場合11,660円 ※一括 or 分割払い

≪分割の場合≫
・初回 3,300円
・2回目以降 363円/月×22回
・最終月 374円
無派遣工事の場合3,300円

マンションタイプで前の住人がフレッツ光を導入していた場合など、NTT局内工事のみで済んでしまうことを無派遣工事と言います。

無派遣工事の料金は一律3,300円です。

また、土日・祝日・夜間の工事や、その他オプション加入などによって3,300円の追加工事費が掛かる場合があります。

フレッツ光 西日本のオプション料金

フレッツ光のオプションはたくさんありますが、特に人気で利用頻度の高いサービスに絞って説明します。

  • ひかり電話
  • フレッツ・テレビ
  • ひかりTV
  • 無線LANオプション
  • サポートオプション料金
  • セキュリティオプション

ひかり電話

【ひかり電話】は、フレッツ光の固定電話サービスです。

NTTの加入電話に比べて基本料金や通話料金が大幅に安くなるのが特徴で、今お使いの電話機や電話番号はそのままで移行することができます。

非常にお得なので、フレッツ光を契約するなら併せて加入するのがおすすめです。

ひかり電話には基本プランと、6つのオプションと無料通話528円分がセットになったひかり電話A(エース)があります。

ひかり電話基本料金550円
ひかり電話A(エース)1,650円
ひかり電話A(エース)に付いてくる6つのオプション
オプション内容個別料金
ナンバーディスプレイかけてきた相手の電話番号がわかる440円
ボイスワープかかってきた相手を外出先の電話で受けられる550円
迷惑電話おことわりサービス迷惑電話をシャットアウトできる220円
キャッチホン通話中にかかってきた電話も受けられる330円
着信お知らせメール不在時の電話の着信がメールでわかる110円
ナンバーリクエスト番号非通知の電話をシャットアウトできる220円
合計1,870円

ひかり電話Aは総額1,870円分ものオプションが付いて、更に無料通話528円分も含んで月々1,650円ですから、かなりお得なプランです。

フレッツ・テレビ

フレッツテレビ

【フレッツテレビ】は、アンテナを設置せずに地デジやBSを楽しむことができるテレビサービスです。

基本料金が安く、地デジとBSさえ見られれば特に問題ないという方に向いていますが、専門チャンネルを視聴したいときは別途スカパー!を契約する事もできます。

項目月額料金
フレッツ・テレビ伝送サービス利用料495円
テレビ視聴サービス利用料330円
合計825円

まあ、今はYouTubeやAmazon Prime ビデオなど、インターネット上で見放題の動画配信サービスも増えていますし、正直テレビは地デジとBSが見られれば十分という方のほうが多いのではないでしょうか。

ひかりTV

【ひかりTV】は、地デジ・BSの他に、115チャンネル以上の専門チャンネルと約100,000本以上のビデオチャンネルという圧倒的な映像数を誇るテレビサービスです。

民放だけでなく、とにかく色んな専門チャンネルを視聴したい方向けのサービスと言えるでしょう。

ひかりTVの月額料金は、以下の4つのプランに分かれています。

プラン月額料金
お値うちプラン2,750円
※2ねん割適用時
テレビおすすめプラン1,650円
※2ねん割適用時
ビデオざんまいプラン1,650円
※2ねん割適用時
基本放送プラン1,100円

また、ひかりTVは光回線を利用して番組を視聴するサービスのため、すでにフレッツ光を利用中の方やフレッツ光と同時に申し込む場合は新たに工事をする必要がなく、初期費用は掛かりません。

無線LANオプション

フレッツ光からレンタルできるルーターはホームゲートウェイと言い、安価な料金でレンタルできる無線LANカードを差し込むことでWi-Fiが飛ばせるようになります。

ぴったりのWi-Fiルーターを選ぶ自信が無かったり、購入するのが面倒だと感じている方は、こちらを活用しましょう。

ホームゲートウェイ
本体レンタル料金
275円/月
無線LANカードレンタル料金110円/月

尚、ひかり電話のオプションを申し込んだ場合は、ひかり電話の基本料金内でホームゲートウェイが使えるので無線LANカードのレンタルだけでWi-Fi通信が可能です。

サポートオプション料金

サポート系のオプションは5種類のコースがあります。

  • リモートサポートサービス
  • セットアップサービス
  • 訪問サポートサービス
  • ひかり機器保証
  • 24時間出張修理オプション

夜間にインターネット接続が切れたら大変なことになってしまう企業などは、24時間出張修理オプションがオススメです。

回線トラブルを24時間・365日体制でサポートしてくれます。

セキュリティオプション

フレッツ光西日本では、ウィルス対策ソフト『セキュリティ対策ツール』が標準装備となっています。

パソコン1台もしくはAndroid端末1台分までは無料で、2台目以降からは有料です。

1~2ライセンス追加418円
3~4ライセンス追加836円
5ライセンス以上836円に加え
1ライセンスごとに209円

今はフレッツ光よりも光コラボレーション・サービスの方がおすすめ

現在、NTTのフレッツ光はどちらかというと法人契約に力を入れていて、個人の方向けの特典キャンペーンはほとんどありません。

長く利用するメリットも無いので、これから個人で光回線を導入予定の方は、光コラボレーションを検討した方が良いでしょう。

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光などが光コラボレーションです。

フレッツ光と光コラボレーションの月額料金比較表

フレッツ光はキャンペーンが無いこと以上に、月額料金が高いことが大きなデメリットです。

主要な光コラボレーションと月額料金を比較してみました。

ファミリータイプマンションタイプ
フレッツ光
(東日本)
5,940円
+プロバイダ料金
4,070円
+プロバイダ料金
ソフトバンク光5,720円4,180円
ビッグローブ光
(3年プラン)
5,478円4,378円
ドコモ光5,720円4,400円
楽天ひかり5,280円4,180円

表の通り、フレッツ光より光コラボレーションのほうが断然安いことが分かります。

キャッシュバックが貰える!光コラボレーションのおススメ窓口

参考までに、今おすすめの光コラボレーションサービスを3つ紹介します。

フレッツ光の導入を検討していた方は、ぜひチェックしてみてください。

今おすすめの光コラボレーション 3選

1.ソフトバンク光

ソフトバンク光キャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
新規申し込み
キャッシュバック
特典A
【10ギガ】最大73,800円
【1ギガ】最大45,000円
他社転用申込
事業者変更申込
キャッシュバック
【1ギガ】15,000円
キャッシュバック
進呈時期
最短1か月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要でキャッシュバック/

2.ドコモ光

ドコモ光プロバイダGMOとくとくBBのキャッシュバック
キャッシュバック51,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短5か月
dポイント
進呈時期
最短4か月
こんな方におすすめ
  • プロバイダ選びは速度重視!
  • Wi-Fiルーターはどれを選べばよいのか分からない・・・
  • 少しでも高額キャッシュバックを受け取りたい

GMOとくとくBBは、混雑を避けて高速・快適にインターネットが出来る『v6プラス』を標準装備しているため、速度の評判がとても良いプロバイダです。

また、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる点が人気の秘密でしょう。

無料レンタルできるWi-Fiルーターは3種類の中からお好きなものを選ぶことができ、中には希望小売価格が19,767円もするWi-Fiルーターまであります!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは51,000円で、更にdポイントが2,000pt付いてきます。

したがって、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバック・dポイント・Wi-Fiルーターをあわせて40,000円以上もお得になると言えるんです!

ちなみに、通常GMOとくとくBBからキャッシュバックを満額受け取るためにはオプション加入が必須となります。しかし、当サイトの下記ボタンから限定ページに行くと、なんとオプションなしでゲットできるんです!

ドコモ光を申し込み予定の方は、ぜひ実際に覗いてみて候補に加えてみてはいかがでしょうか。

\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
お客さま満足度2年連続NO.1

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光公式
キャッシュバック
特典
57,000円
月額料金割引
特典
19,536円
(1,628円×12か月割引)
キャッシュバック
進呈時期
最短12か月
こんな方におすすめ
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 安心して申し込みたい
  • キャッシュバックより月額料金割引が良い

ビッグローブ光を公式サイトから申し込むと、下記2種類の特典から好きな方を選んで受け取ることができます。

  1. 1年間の月額料金大幅割引 総額19,536円
  2. 高額キャッシュバック 57,000円

キャッシュバックは『新規』『転用』『事業者変更』に差がなく、どのパターンで申し込んでも57,000円受け取ることができるのがメリットです。

新規新たにビッグローブ光を申し込む事
転用フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える事
事業者変更他社光コラボレーション(ソフトバンク光やドコモ光など)からビッグローブ光に乗り換える事

ただし、振り込まれるのがビッグローブ光を申し込んでから12か月後と長いです。

その点が気にならなければ申し込みを検討するといいでしょう。

月額料金割引は手続き不要で、12か月間割引されます。

確実にキャンペーンの恩恵を受けたいなら月額料金割引を選びましょう。

ただし、月額料金割引の総額はキャッシュバックより金額が低いです。

また、月額料金割引は新規と事業者変更の方が対象で転用の方は利用できません。

\キャッシュバック57,000円!/
クーポン入力で
最大17,000円増額中!

まとめ

フレッツ光西日本のプラン内容、月額料金、初期費用、オプション料金などについて解説しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

フレッツ光西日本の料金についてのポイント
  • 契約プランは5種類!自身の用途にあったプランを選びましょう
  • フレッツ光の料金とは別にプロバイダ料金もかかることに注意
  • オプションは充実!ひかり電話はNTTの加入権電話より安いので付けた方がお得

運営元がNTTということで抜群の安心感があるフレッツ光ですが、近年は光コラボレーションなどの台頭もあり、残念ながら魅力的とは言えなくなってしまいました。

今から申し込むのであれば、先程紹介した光コラボレーションから検討してみましょう!

光コラボレーション3選とおすすめのキャンペーン窓口
フレッツ光料金
この記事を書いた人
望月(もちづき)

過去に大手の携帯電話会社や家電量販店・コールセンターなどで勤務し、インターネット回線の案内を行ってきました。
個人的にもネット関連は大好きで、様々な回線を試しています。
この知識を活かし、皆さんのインターネットに関する悩みや疑問を解消できるようなわかりやすい記事を書いていきたいと思います。

>望月(もちづき)の執筆した記事はこちら

望月(もちづき)をフォローする
この記事を監修した人
【虎の巻】監修:豊田 桂一
インターネット契約 虎の巻:監修者
監修者:豊田 桂一

通信業界に25年携わるプロフェッショナル。NNコミュニケーションズにてチームを統括し、常に最前線で案内。後進の育成にも積極的に取り組む。豊富な知識と経験に裏打ちされた質の高いサービスにより、顧客からは抜群の信頼を得ている。ネット回線の専門的な知識を活かし、監修者を担当。訴求先は、ユーザーの悩みを解決する最適な窓口をご案内しています。→監修者の詳細はこちら

表示価格は特に断りがない限り税込です。
消費税の計算上、実際の請求金額と異なる場合があります。

コメント

\損をしたくない方 必見記事!/

フレッツ光 厳選ランキング